Tap here to download the Cisco News Mobile App for the best Cisco Network mobile experience!

データのある場所が、あなたの「データセンター」に

データのある場所が、あなたの「データセンター」に
“Data Center Anywhere”ビジョンを実現する新しいアーキテクチャを発表
データのある場所が、あなたの「データセンター」に READ FULL ARTICLE

データのある場所が、あなたの「データセンター」に

February 06, 2019
  • Press Release

  • 1796

  • Save

  • クラウド, セキュリティ, データセンター

~シスコ、“Data Center Anywhere”ビジョンを実現する新しいアーキテクチャを発表~

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:デイヴ・ウェスト、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、データが存在し、アプリケーションが展開されるあらゆる場所にデータセンターを拡張する新たなアーキテクチャを発表します。

アプリケーションの進化はデジタル経済の中核となるものです。新時代のアプリケーションが、データセンターのあり方と必要なサポート能力を再定義しようとしています。もはやデータセンターは一定の場所に固定されたものではなく、データが生成、処理、使用されるあらゆる場所に存在しています。シスコは、この「Data Center Anywhere」のビジョンを実現するために、ネットワーキング、ハイパーコンバージェンス、セキュリティ、自動化のすべてを通じたさまざまなイノベーションを提供します。

• Cisco ACIをAmazon Web Services (AWS) およびMicrosoft Azure環境のクラウドに拡大

• Cisco HyperFlexをブランチオフィスやリモート拠点まで拡張し、アプリケーションをエッジで稼働

• 複数のクラウド環境をまたいでアプリケーションのライフサイクルを管理できるようCisco CloudCenterを強化

• 単一のエンタープライズ契約で、データセンター アーキテクチャ全体を通じたテクノロジーの導入や管理を大幅に簡素化

シスコ、データセンター事業グループ担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、ローランド・アクラ(Roland Acra)は次のように述べています。「企業はテクノロジー上の制約を受けることなく、それぞれのビジネス要件を満たすアプリケーションを導入できるようになるべきです。シスコのお客様はオンプレミスからクラウドベースまで、多様なプラットフォームを通じてアプリケーションを導入し、データを管理したいと考えています。シスコがデータセンターから『センター』という概念を取り払おうとしているのはこのためです。今日、シスコはお客様があらゆるクラウド、あらゆるデータセンター、あらゆるブランチにリーチできるように支援しています」

データセンターの新たなイノベーション

シスコは3つの方法で新たなデータセンターのビジョンを実現します。

• Cisco ACIをAWS およびAzureに提供: ACI(Application Centric Infrastructure)はシスコのインテントベースネットワーキングのデータセンター向けソリューションです。ACIはデータセンターにおける運用の簡素化、アプリケーションの俊敏性と保護を実現し、そのすべてをあらゆるハイパーバイザーおよびアプリケーションが導入されたコンテナフレームワークに統合した独自のオープンアプローチによって提供します。ACI Anywhere「あらゆる場所でACIを利用可能にすること」で、今後ACIをあらゆるワークロード、あらゆるロケーション、あらゆるクラウドに拡張していきます。すでにVirtual ACIはベアメタルクラウドやリモートエッジロケーションに対応しており、今回新たにCloud ACIの能力が追加されたことで、シスコは自動化、管理、セキュリティの機能までAWSや Microsoft Azureのインフラストラクチャ アズアサービス(IaaS)環境に完全に統合した形で提供できるようになります。

• ブランチ向けCisco HyperFlex: グローバル規模のコンピューティング環境を提供するために、ハイパーコンバージドインフラを複数サイトに導入することは複雑なタスクになりかねません。Cisco Intersightと連携したHyperFlexによって、企業はコンピューティングやストレージを中核のデータセンターから末端のエッジ環境まで、柔軟な拡張性とクラウド対応の圧倒的な使いやすさを備えたシステム管理でシームレスに拡張できるようになります。HyperFlex Anywhere「あらゆる場所でHyperFlexを利用可能にすること」で、HyperFlex Edgeがブランチオフィスやリモートサイトのデジタルイノベーションのためにデータセンタークラスのアプリケーション性能を提供するようになり、企業のエッジ環境でも分析などのインテリジェントなサービスを実現できるようになります。

• Cisco CloudCenter Suite: パブリックやプライベートの複数のクラウドを通じてアプリケーションを管理することはオペレーションの複雑化やコストの増大につながり、IT部門にとってますます課題となりつつあります。シスコが新たに提供するCloudCenter Suiteにはアプリケーションのライフサイクル全体の管理に必要な機能がすべて搭載され、ワークフローの自動化をさらに進めると同時にコストの最適化やガバナンス機能を大幅に強化します。さらに新たな製品群は導入をシンプル化し、段階的な料金設定と新たなSaaS製品で従来よりも格段に利用しやすくなっています。

新データセンター エンタープライズ契約

シスコは企業がデータセンターテクノロジーをかつてないほど簡単に購入できるよう、新たなCisco Enterprise Agreement(EA)を提供します。企業は標準化された3年もしくは5年のライセンス契約1つで、Cisco ACI、Cisco HyperFlex、Cisco Intersight、Cisco Tetrationを含めた7つの製品群すべてを利用できるようになります。Cisco EAでは導入モデルや物理的、バーチャル、クラウドのすべてを通じたライセンスのポータビリティを選択することができ、企業は希望するチャネルパートナーが提供する必要な製品やサービスに、時間や場所を問わずアクセスできます。

ACIを中心としたクロスドメイン統合

シスコはACIをアプリケーションレイヤーやキャンパスまで拡張しようとしています。今回、ACIとAppDynamicsを連携し、アプリケーションのパフォーマンスとネットワークの健全性を相関させるとともに、Cisco DNA CenterやCisco ISE(Identity Services Engine)とも連携し、キャンパスやアプリケーションのユーザーやデバイスもしくはあらゆる場所のデータ間で、エンドツーエンドでIDベースのポリシーやアクセス制御を提供できるようにしました。こうした連携はシスコが目指す業界初のマルチドメインアーキテクチャの実現に向けた最新のステップです。最終的にシスコはかつてないほど複雑化した現在のITを簡素化することによって、エンタープライズのインフラストラクチャをイノベーションの可能性を最大限に高める新たなユニファイドシステムを作り出そうとしています。

サービスおよびサポートの提供開始時期

• Virtual ACI、およびCloud ACIは2019年第2四半期中に提供を開始する予定です。

• エッジ環境向けの小規模 HyperFlex Edge 2ノード構成を提供するHyperFlex 4.0 は2019年第2四半期中に提供を開始する予定です。

• Cisco CloudCenter Suiteのオンプレミス版は2019年第1四半期、 SaaS版は北米地域では2019年第1四半期、欧州では2019年第2四半期より提供を開始する予定です。日本では2019年第2四半期以降より提供を開始する予定です。

• 新Cisco Enterprise Agreementsは3月中旬より 申込みを開始する予定です。

• シスコおよびシスコのパートナーはデータセンターアーキテクチャ最新化を効率化するためにあらゆるライフサイクルを通じたサービスを提供します。

• Cisco DevNetの developer resources for ACI向け開発者用リソース はすでに提供を開始しています。

関連リソース:

• 「Data Center Anywhere」(シスコのデータセンター戦略)の詳細 [英語]

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)

**当資料は、2019年1月29日に発表されたニュースリリースの抄訳です。
URL: https://newsroom.cisco.com/press-release-content?type=webcontent&articleId=1963742

Also post on Post
0 Comments