Tap here to download the Cisco News Mobile App for the best Cisco Network mobile experience!

リコーとシスコ、デジタルワークプレイス実現に向けて戦略的提携

リコーとシスコ、デジタルワークプレイス実現に向けて戦略的提携
よりシンプルでセキュアなクラウドソリューションをグローバルに展開
リコーとシスコ、デジタルワークプレイス実現に向けて戦略的提携 READ FULL ARTICLE

リコーとシスコ、デジタルワークプレイス実現に向けて戦略的提携

February 26, 2019
  • Press Release

  • 2063

  • Save

  • コーポレート, 中堅 / 中小企業, クラウド, セキュリティ

~よりシンプルでセキュアなクラウドソリューションをグローバルに展開~

株式会社リコー(代表執行役員 社長執行役員:山下良則、本社:東京都大田区、以下リコー)とシスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:デイヴ・ウエスト、本社:東京都港区、以下シスコ)は、高い生産性とセキュアな環境を両立するデジタルワークプレイスの実現に向けたクラウドソリューションの提供に関し、グローバルな戦略的提携に合意しました。

今後両社は、クラウド、ネットワーク、デバイスの3つのレイヤーで、よりシンプルでセキュアな環境を提供するためのソリューション開発に共同で取り組み、お客様のデジタル変革と生産性向上を支援してまいります。

近年、少子高齢化による労働人口の減少に伴い、AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)といった最新のデジタル技術を活用した生産性向上は企業にとって大きな課題となっています。また、多くの企業が働き方改革を推進するなかで、クラウドやモバイルを活用した、働く場所や時間の制約にとらわれない多様な働き方の実現も求められています。

一方、不正アクセスや情報漏洩など、セキュリティに対する脅威はますます凶悪化、巧妙化しており、日々進化するサイバー攻撃に対応するためには、専門的な技術や多額のコストが必要になっています。特に、専任のIT管理者の確保が難しい中小企業や多拠点で展開する企業などのお客様では、よりシンプルに、かつできるだけコストを抑えて、セキュアな環境を維持・管理できるソリューションが求められています。

リコーは、2019年1月に新世代複合機「RICOH IM Cシリーズ」とクラウドプラットフォーム「RICOH Smart Integration」の提供を開始しました。複合機をはじめとするさまざまなオフィス機器が「RICOH Smart Integration」を介して最新のクラウドサービスと連携することで、働く人が互いにつながり、知的生産を支える場所であるデジタルワークプレイスの実現に貢献し、お客様の“「はたらく」をよりスマートに”することに取り組んでいます。

シスコは、安全なクラウド利用を実現するために、セキュリティ調査機関「Talos」の250名を超えるリサーチャーが脅威情報を集め、セキュリティ製品を強化しています。また、クラウドベースでシンプルにネットワークを管理できる「Cisco Meraki」を提供し、お客様のデジタル変革を支援しています。

本提携に基づく、RICOH Smart Integrationとシスコのクラウドセキュリティソリューションの連携により、両社はリコーの新世代複合機「RICOH IM Cシリーズ」をはじめとするさまざまなオフィス機器と複数のクラウドサービスをCisco Merakiによりシームレスかつセキュアに接続し、導入・運用管理工数を効率化するソリューションを提供します。また、RICOH Smart Integrationとシスコが提供する情報漏洩検知・防止機能や高度な認証機能を組み合わせることで、より高度なセキュリティレベルを必要とする業務への対応が可能となります。これは、2019年春からリコーが展開する「RICOH Smart Integrationパートナープログラム*1」に先行したパートナー企業との提携となります。

さらに、両社は複合機やIoTデバイスのセキュアで自律的なネットワーク接続について、さまざまなデバイスがよりセキュアにネットワークに接続する手段を提供します。リコー製品とCisco Identity Service Engineとの連携により、特に大企業のお客様においてニーズが高まっている、ネットワークに繋がるデバイスの運用・管理の自動化と適切なセキュリティ設定を実現することができ、SDN(Software Defined Network)やIoTに対応した提案が可能になります。

両社はこれらのソリューションを、2019年4月からお客様に試験導入し、検証を行った上で2019年9月以降に日本市場を皮切りに提供を開始し、順次グローバルで展開してまいります。

両社は、協業を通じて、よりセキュアな環境で高い生産性を実現するデジタルワークプレイスの実現に貢献し、お客様のさらなる成長を支援してまいります。

*1 RICOH Smart IntegrationのAPI(Application Programming Interface)やSDK(Software Development Kit)を公開することでRICOH Smart Integrationと連携するアプリケーションの拡充を図り、パートナーと一体となってお客様のワークフロー改善提案をめざす取り組み。

リコーグループについて

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会の実現にむけて積極的な取り組みを行っています。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の“はたらく“をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。
詳しい情報は、こちらをご覧ください。http://jp.ricoh.com/

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。
シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。http://www.cisco.com/jp

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)

*その他、会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

Also post on Post
0 Comments