Tap here to download the Cisco News Mobile App for the best Cisco Network mobile experience!

「Cisco Visual Networking Index(VNI)」、2021年には、世界のIPトラフィック量が3ゼタバイトを超えると予測

「Cisco Visual Networking Index(VNI)」、2021年には、世界のIPトラフィック量が3ゼタバイトを超えると予測
2017年6月12日
世界のデバイスや接続の半数以上がIoTアプリケーションに
「Cisco Visual Networking Index(VNI)」、2021年には、世界のIPトラフィック量が3ゼタバイトを超えると予測 READ FULL ARTICLE

「Cisco Visual Networking Index(VNI)」、2021年には、世界のIPトラフィック量が3ゼタバイトを超えると予測

5 mo
  • Press Release

  • 1900

  • Save

  • コーポレート, ソート リーダーシップ, サービス プロバイダー

~世界のデバイスや接続の半数以上がIoTアプリケーションに~

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、本日「Cisco Visual Networking Index™ (VNI) Complete Forecast」を発表し、今後5年(2016~2021年)、デジタル変革が世界のIPネットワークの需要や要件に大きな影響を与えていくとする予測を示しました。本調査によると、2016年から2021年までの5年間で、世界のインターネットユーザー数は33億人から46億人に増加して世界の総人口の58%を占めるまでになり、パーソナルデバイスやM2M(マシン ツー マシン)接続はさらに普及が拡大して、その数は171億個から271億個に増加すると予測しています。また、ブロードバンドの平均速度は27.5 Mbps から53.0 Mbpsへとさらに向上し、ビデオ視聴がさらに増加してIPトラフィック全体に占める割合が73%から82%に拡大すると予想されます。この間、世界のIPトラフィック量は3倍に増加し、年間トラフィック総量は2016年の1.2ゼタバイトから2021年には3.3ゼタバイトに達すると予測しています。

2021年にはシスコが予測を開始して以降の12年間で初めて、インターネットに接続するデバイス総数271億個のうち、IoT (Internet of Things)アプリケーションをサポートするM2M接続が半数を超え、世界のIPトラフィック量に占める割合が5%に達する見通しです。こうしたM2M接続数の伸びはコネクテッド ホームやコネクテッド ヘルスケア、スマートカー/交通におけるIoTの進化や、さまざまな次世代M2Mサービスのホスティングによってけん引され、2016年の58億個から2021年には137億個と2.4倍に増加すると予想されます。M2M接続は医療モニターや医薬品ディスペンサー、救急応答接続などさまざまなコネクテッド アプリケーションが登場するヘルスケア業界で最も急速に拡大(30% CAGR)すると考えられ、次いでコネクテッドカー、コネクテッドシティ関連のアプリケーションが、いずれも29% CAGRのペースで増加していくと予想されます。

ビデオは今後もIPトラフィックの大半を占め、インターネット トラフィック全体の伸びをけん引していくと予想されます。インターネット トラフィック全体に占めるビデオの割合は、2016年の67%から2021年には80%まで拡大し、世界のインターネットビデオユーザー(モバイルのみのユーザーを除く)は2016年の14億人から2021年には19億人に増加する見通しです。2021年には世界の1カ月あたりのインターネットビデオ再生分数は3兆分に達し、1カ月間に500万年分のビデオ再生が行われ、毎秒100万分のビデオが再生されることになります。

2021年までの5年間で、インターネットライブ動画などの新たな媒体が生成するトラフィックが15倍増加し、インターネットビデオ トラフィックの13%を占めるようになると予想されます。これはTVストリーミング アプリケーションに加えてソーシャルネットワーク上でのパーソナルなライブストリーミングの増加によるものです。また、現在、ライブストリーミングビデオがオンラインエンターテインメントのパターンを作り変えようとしている一方で、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)にも弾みが付いており、VR/ARトラフィックは2021年までに20倍に増加して世界のエンターテインメント トラフィックの1%を占めるまでに成長すると予想されます。

「デジタル変革によって今後も世界中の何十億ものコンシューマやビジネスが変化していくことになり、インターネットの未来を支えるためにはネットワークとセキュリティが一層不可欠なものになっていくでしょう。信頼性が高く、安全で質の高いコネクテッド エクスペリエンスを求めるお客様をサポートするために、シスコにとってはサービスプロバイダーのネットワーク イノベーションをけん引していくことが重要なカギを握っています」と、シスコ、サービスプロバイダー事業担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、イベット・カヌーフ(Yvette Kanouff)は述べています。

2017 VNIの主な予測と主要マイルストーン

  1. 世界のIPトラフィックは2016年から2021年で3倍に
    • 世界の1カ月あたりのIPトラフィック量は、2016年の96エクサバイトから2021年には278エクサバイトまで増加すると予想されます。このペースで行くと、2021年には年間の世界のIPトラフィック総量は3.3ゼタバイトに達することになります。
    • 最頻時のインターネットトラフィックの増加率は平均のインターネットト ラフィックよりも高くなります。2016年から2021年までの5年間で、最頻時のインターネット トラフィックは4.6倍(35% CAGR)増加して4.3Pbpsに達します。この間、平均のインターネット トラフィックは3.2倍(26% CAGR)増加して717Tbpsに達します。
  2. 2021年にはWi-Fiおよびモバイル接続デバイスがインターネット トラフィックの73%まで拡大
    • 2021年のインターネットアクセスに占める割合は ― Wi-Fi:53%、セルラー:20%、固定:27%
    • 2016年のインターネットアクセスに占める割合 ― Wi-Fi:52%、セルラー:10%、固定:38%
  3. 家庭内スポットを含む世界のパブリックWi-Fiホットスポットの数は今後5年間で9,400万から54,160万と6倍に増加
    • 世界の家庭内Wi-Fiスポットの総数は、2016年の8,500万から2021年には5億2,620万まで増加。
    • 2021年にWi-Fiホットスポットが最も多くなる国は、中国(1億7,000万)、米国(8,600万)、日本(3,300万)、フランス(3,000万)
  4. 2021年にはインターネット接続のフラットパネルTVの半数以上(56%)が4K—2016年は15%
    • インストール/稼動中の4K対応TV機器の台数は、2016年の8,500万台から2021年には6億6,300万台まで増加。
  5. コード カッティング世帯は平均的なインターネット利用世帯のトラフィックを86%上回るトラフィックを生成
    • 「コード カッティング」とは従来のケーブルテレビ契約から、固定やモバイルインターネット接続経由でのオンラインやモバイル動画などの視聴に切り替える世帯が増加しているトレンドを指します。
    • 2017年にコード カッティング世帯が生成するトラフィックは1カ月あたり117GBであるのに対し、平均的なインターネット利用世帯が生成するトラフィックは63GB/月となっています。
  6. エンドユーザーのインターネット トラフィックはエッジ周辺に移行し、2021年にはトラフィックの3分の1がコアをバイパス
    • 世界のインターネット トラフィックのうちメトロ ツー メトロのトラフィックは2016年の22%から2021年には35%まで増加すると予想されます。
    • 2021年には世界のインターネット トラフィックのうち23%がリージョナル バックボーン(クロスカントリー バックボーンに接触しない)のトラフィックで占められ、2016年の20%から拡大すると予想されます。
    • 2021年には世界のインターネット トラフィックのうちクロスカントリー バックボーンを横断するトラフィックは41%となり、2016年の58%から減少すると予想されます。
  7.  エンタープライズSD-WANトラフィックの拡大
    • 今後5年間、従来型WANのトラフィックの増加率5% CAGRに対し、SD-WANのトラフィックは44% CAGRで増加していくと予想されます。
    • SD-WANのトラフィックは2021年までの5年間で6倍に増加し、WANトラフィックの25%を占めるようになります。
  8. 平均的なDDoS(分散型サービス拒否)攻撃の規模が確実に大型化し、ほとんどの組織を完全にオフラインにできる1.2Gpbs近くまで拡大
    • DDoS攻撃は、複数のIP源からサーバーやネットワーク機器に大量のトラフィックを送信して過剰な負荷をかけることで、ネットワークを麻痺させます。
    • ピーク時の攻撃規模は前年から60%拡大し、攻撃時には発生国のインターネット トラフィックの最大18%を占めています。
    • 平均的なDDoS攻撃の規模は前年から22%拡大し、この割合はインターネット トラフィックの増加率29%にほぼ比例しています。
    • DDoS攻撃の数は、2016年には前年から172%増となり、2021年にはさらに2.5倍増加して310万件に達すると予想されます。

 

IPトラフィックの地域別増加率(2016~2021)

  • アジア太平洋地域:2021年には107.7エクサバイト/月、26% CAGR、3.2倍の増加
  • 北米地域:2021年には85エクサバイト/月、20% CAGR、2.5倍の増加
  • 西ヨーロッパ地域:2021年には37.4エクサバイト/月、22% CAGR、 2.7倍の増加
  • 中央ヨーロッパ地域:2021年には17.1 エクサバイト/月、 22% CAGR、 2.75倍の増加
  • 中南米地域: 2021年には12.9エクサバイト/月、21% CAGR、2.6倍の増加
  • 中東およびアフリカ地域:2021年には15.5エクサバイト/月、42% CAGR、 5.8倍の増加

Cisco VNIの調査手法について

「Cisco VNI™ Global IP Traffic and Service Adoption Forecasts for 2016 to 2021」は、独立系アナリストの予測と実際のネットワーク利用データの調査結果をもとに、世界のIPトラフィックとサービス利用についてシスコが独自の予測を行ったものです。調査方法の詳細は、レポート(全文)に記載されています。過去12年間に渡り、Cisco® VNIの調査は、インターネットの成長の基準として高く評価されており、各国政府を始め、ネットワーク規制当局、研究者、通信事業会社、テクノロジーの専門家、業界紙、アナリストなど、デジタルの未来に備えるためにあらゆる方面で活用されています。

関連リソース

 

関連画像

 

注記

シスコは、マスコミ、アナリスト、ブロガー、サービス プロバイダー、政府機関、その他関係者の方々がシスコの研究成果を使用、参照されることを歓迎しています。その際は、「出典:Cisco Visual Networking Index Complete Forecast Update, 2016-2021」の明示をお願いいたします。

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)

**当資料は、2017年6月8日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
URL: https://newsroom.cisco.com/press-release-content?type=webcontent&articleId=1853168

Also post on Post
0 Comments