Tap here to download the Cisco News Mobile App for the best Cisco Network mobile experience!

Cisco UCSおよびCisco HyperFlex向けの革新的なシステム管理プラットフォームの戦略を発表

Cisco UCSおよびCisco HyperFlex向けの革新的なシステム管理プラットフォームの戦略を発表
新時代のコンピューティングのための新時代のシステム管理
Cisco UCSおよびCisco HyperFlex向けの革新的なシステム管理プラットフォームの戦略を発表 READ FULL ARTICLE

Cisco UCSおよびCisco HyperFlex向けの革新的なシステム管理プラットフォームの戦略を発表

September 26, 2017
  • Press Release

  • 2030

  • Save

  • ​Digitization​ ​/ IoT​, クラウド, データセンター

~新時代のコンピューティングのための新時代のシステム管理~

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:鈴木 みゆき、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、Cisco Unified Computing System™(Cisco UCS®)およびCisco HyperFlex™システム(Cisco HyperFlex)向けの管理および自動化プラットフォーム、Cisco Intersight™を発表しました。これにより、今後数年にわたってコンピューティングおよびハイパーコンバージド インフラストラクチャの明確な競合優位性をお客様に提供する戦略的プログラムを展開します。Cisco Intersightは、システム管理をサービスとしてクラウドから提供することでデータセンターの運用管理オペレーションを合理化し、オンプレミス環境において分散された管理インフラストラクチャ(管理サーバ)が不要になります。Cisco Intersightの機械学習、アナリティクス、自動化などの機能により、システムの一連のライフサイクル管理が実現されます。

現在、ほとんどのIT組織はマルチクラウド戦略を採用しているため、従来型データセンター、プライベート クラウド、パブリック クラウドなどのインフラ全体で一貫的、かつ拡張性に優れた管理環境が求められています。アプリケーション アーキテクチャも、コンテナやマイクロサービスによって実現されるスケールアウト アーキテクチャへの移行、マルチサイト導入モデルなどによって変革の時を迎えています。さらに、DevOpsによってアプリケーションの開発と継続的な機能追加の頻度がますます増加していきます。Cisco Intersightは、クラウドスケールの管理プラットフォームとアナリティクスによってこれらの課題に対応し、IT管理者の業務を最適化すると同時に、より直感的で一貫した管理エクスペリエンスを得られるようにします。

シスコは、データセンターおよびセキュリティ オペレーションに対応するためのソフトウェア イノベーションの研究と開発に長年投資してきました。ビジネスリスクの観点では、データセンターの計画外停止のコストは毎分数千ドルと見積られており、さらに企業のセキュリティ インシデントに対するコストも膨大です。多くの場合は人的エラーが原因であるため、インテリジェントな自動化の新たな進歩をIT部門の責任者は歓迎しています。すでに多くのお客様がCisco Intersightプラットフォームのエンジニアリング プレビューに参加いただいており、テストとフィードバックのために何千ものCisco UCSおよびCisco HyperFlexシステムがCisco Intersightサービスに接続、利用されています。

重要なのはマシンではなく管理

Gartner社によれば、「従来型データセンター、エッジ、プライベート クラウド、パブリック クラウド、IoTから集約される膨大な構成データ量と接続の増加はITオペレーションの複雑さを増大させ、ソフトウェア定義による簡素化のトレンドに逆行しています」1 とレポートされています。

Cisco Intersightは、新しいインテリジェンス、プロセス、ツールによってこのギャップを解消します。

  • インテリジェンス:情報(例;認定構成や検証結果)をもとにした機械学習、Cisco Technical Assistance Center(TAC)との緊密な統合、シスコとUCSコミュニティで共有された知見に基づいてレコメンデーション情報とベストプラクティスが提供されます。
  • プロセス:Cisco UCSのサービス プロファイルとオーケストレーションと連携させた、世界中で実証された設定、管理ポリシーは、エンドツーエンドの自動化をより容易かつ迅速にし、より一貫性のあるものにします。
  • ツール:クラウド ベースの管理がサービスとして提供されるため、お客様は複雑さとオペレーション オーバーヘッドの増加を招くことなくシームレスに拡張を図り、最新のインフラの対応、管理機能を活用できます。

 

IDCのシニアバイスプレジデントであるマット・イーストウッド(Matt Eastwood)氏は、次のように述べています。「クラウド ベースのシステム管理プラットフォームに移行する組織は、サービス提供の品質が大幅に向上し、ビジネスに対する全体的リスクが軽減されることに気が付くことでしょう。人工知能(AI)を利用したクラウド ベースの管理ツールは、インフラストラクチャをより詳細なレベルで把握する洞察力を提供し、大きな問題となる前にトラブルを特定できます。また、問題の『根本原因』の特定と分析もより迅速になります」

新時代のコンピューティングのための、新時代のシステム管理

Cisco Intersightは最初から、直感的な管理と、学習と進化を継続する新しい高レベルのシンプルさとインテリジェンスを提供できるように設計されています。

  • 広範囲のシンプルさ: Cisco Intersightは、ユーザの役割ごとにカスタマイズできるダイナミックなユーザ インターフェイスを備えています。クラウド ベースのサービスであるため、新機能はポータルの更新によって提供され、お客様がアップグレードにわずらわされることはなくなります。エクスペリエンスは、お客様が管理のために新システムに直接接続することでシームレスに拡張されます。日常的なITオペレーションを容易にできるように、プラットフォームは継続的に学習するように設計されています。レコメンデーション エンジンから得られる警告、レコメンデーション情報は、TACの持つ情報と緊密に統合されたアナリティクスによって継続的に向上します。
  • 継続的な最適化:Cisco Intersightプラットフォームが備える実用的インテリジェンスを提供する能力は、クラウド ベースの機械学習を通じて時間とともに強化されます。この学習は、UCSユーザ コミュニティの知見集約だけでなく、シスコのエキスパートと他のユーザからのベスト プラクティスに基づくものです。これにより、レコメンデーション エンジンは優れた予測的アナリティクスと最適なリソース使用率を実現できるようになります。
  • 俊敏なサービス提供:IT部門はビジネス部門からの要求と頻繁な変更に迅速に対応すると同時に、安全かつ信頼性に優れたビジネス サービスを実装するように設計されたポリシー適用を維持できます。Cisco IntersightはオープンなAPIベースでアクセスが可能で、Cisco UCSとCisco HyperFlexは完全にプログラマブルなシステムであるため、継続的な統合、プロビジョニング、プロセス開発、オペレーションのツール群の緊密な連携がサポートされます。
  • 一貫した保護:Cisco IntersightサービスはCisco InfoSecの厳密なセキュリティ標準に従っており、データセンターやエッジ環境からエンドポイントに至るまで一貫したポリシーを提供します。これにより、アプリケーションの導入と更新をセキュアに行うことができます。

 

Cisco Intersightの販売は2017年第4四半期に開始される予定です。既存のCisco UCSおよびCisco HyperFlex管理ツールと統合、共存できるように設計されているため、お客様は複雑さの増大を招くことなく必要に応じてCisco Intersightを導入できます。Cisco Intersightは、将来的にはオンプレミス導入モデルのオプションも提供されます。サードパーティのソフトウェアおよびハードウェアとの統合を合理化できるように、Cisco IntersightはOData標準ベースのRESTful APIとコネクタ フレームワークを利用した拡張可能なアーキテクチャの上に構築されています。

  • Cisco Intersight Base Edition:無償で提供されます。グローバルなヘルス モニタリングとインベントリ、カスタマイズ可能なダッシュボード、クラスタを迅速に配備するためのCisco HyperFlex Installerが含まれ、対象に応じてUCSマネージャー、IMCおよびCisco HyperFlex Connectの起動が可能です。
  • Cisco Intersight Essentials Edition:Base Editionのすべての機能のほかに、サービス プロファイルによるポリシーベースの構成、スケジュールされた更新によるファームウェア管理、Hardware Compatibility Listing(HCL)コンプライアンス チェック、アップグレード レコメンデーションなどの機能が含まれます。

 

60,000社を超えるCisco UCSCisco HyperFlexのお客様への次世代システム管理の提供

シスコは最近、第5世代UCSサーバである高性能のCisco UCS M5シリーズ、およびCisco Intersightへの接続をサポートするUCSマネージャーのリリースを発表しました。Cisco UCS M5サーバは、Cisco HyperFlex Edgeを含む新しいCisco HyperFlex M5ノードによるシスコのハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューションとしても利用することができ、Cisco Intersightはクラウド ベースのクラスタ構成管理機能をBase Editionで提供します。シスコは、コンバージド インフラストラクチャ ソリューションの最も包括的なポートフォリオで業界をリードしており、Cisco Intersightはより深いインテグレーションと、さらには操作の簡素化を実現します。

お客様がITの最新化の取り組みにCisco UCS、Cisco HyperFlex、Cisco Intersightを組み合わせると、Cisco Intersightのアドバイザリから最適化、管理、テクニカル、学習サービスに至るデータセンター サービスのライフサイクル全体がシスコによって提供されるようになり、コスト効率の向上とリスクの軽減が実現されます。シスコのサービス ポートフォリオは、お客様によるオペレーションの迅速化と合理化に役立つグローバルな専門知識、定評のあるプロセス、革新的な方法論を活用しています。

パートナー各社様のコメントは以下のリンク先をご覧ください。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 常務執行役員 ITサービスグループ担当役員 粟井 行氏

兼松エレクトロニクス株式会社 取締役 ビジネス開発本部長 鈴木 勝人氏

ソフトバンク コマース&サービス株式会社  上席執行役員 ICT事業本部長 草川 和哉氏

ダイワボウ情報システム株式会社 取締役 販売推進本部長 松本 裕之氏

ネットワンシステムズ株式会社 執行役員 ビジネス推進本部長 篠浦 文彦氏

ネットワンパートナーズ株式会社 取締役 常務執行役員 田中 拓也氏

株式会社ネットワールド 代表取締役社長 森田 晶一氏

ユニアデックス株式会社 執行役員 エクセレントサービス第三本部長 木村 達郎氏
 

関連リソース

 

1 Gartner、「New Generations of Integrated Systems Will Apply AI and Emerge as Self-Organizing Systems of Intelligence(新世代の統合型システムはAIの適用によってインテリジェンスを自己編成するシステムとなる)」、2017年8月

Cisco UCSについて

汎用サーバは一般的なビジネスを実行しますが、デジタル変革ではより多くのことが求められ、業界をリードするパフォーマンス、可用性、セキュリティを備えたクリティカルなアプリケーションを提供する必要があります。シスコは、ITイノベーションとビジネス迅速化に合わせて設計された革新的なコンピューティング アーキテクチャを実現しました。Cisco UCSは単なるサーバではありません。高いアプリケーション パフォーマンス、高速なオペレーション速度、優れた経済性を実現するために徹底的に合理化されたソリューションです。

Cisco HyperFlex Systemsについて

Cisco HyperFlex Systemsはコンピューティング、ストレージ、ネットワーク リソースを使いやすい1つのCisco UCSシステムプラットフォームに搭載し、完全なハイパーコンバージドインフラを提供します。Cisco UCSを活用してエンジニアリングされたHXデータ プラットフォームは、お客様が必要とする業界をリードするパフォーマンスを備えたDynamic Data Fabric™を提供し、データセンター内のアプリケーションを合理化します。Cisco HyperFlex Systemsはクラウドの俊敏性、拡張性、成長に応じて拡張可能な経済性だけでなく、オンプレミス インフラストラクチャのメリットも併せて提供します。Cisco HyperFlexが実現するのは一層の合理性です。

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)

**当資料は、2017年8月21日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
URL: https://newsroom.cisco.com/press-release-content?type=webcontent&articleId=1880956

 

Also post on Post
0 Comments