Tap here to download the Cisco News Mobile App for the best Cisco Network mobile experience!

シスコ、サイバー犯罪対策で国際刑事警察機構と連携

シスコ、サイバー犯罪対策で国際刑事警察機構と連携
シスコは、本日世界最大の国際警察組織である国際刑事警察機構(インターポール)と、サイバー犯罪に共に取り組む第一歩として脅威インテリジェンスを共有することで合意したことを発表しました。
シスコ、サイバー犯罪対策で国際刑事警察機構と連携 READ FULL ARTICLE

シスコ、サイバー犯罪対策で国際刑事警察機構と連携

November 22, 2017
  • Press Release

  • 1312

  • Save

  • コーポレート, ワールドニュース, セキュリティ

シスコ(NASDAQ:CSCO)は、本日世界最大の国際警察組織である国際刑事警察機構(インターポール)と、サイバー犯罪に共に取り組む第一歩として脅威インテリジェンスを共有することで合意したことを発表しました。

シンガポールに設置されたインターポールの国際サイバー犯罪対策拠点、インターポール グローバル コンプレックス フォー イノベーション(INTERPOL Global Complex for Innovation =IGCI)の主導で、連携、集中してデータを共有する手法の開発に取り組みます。これにより全世界の脅威を素早く特定できるようになるだけでなく、研修や知識/経験の共有することで今後の連携の可能性を探る道筋となります。

IGCI総局長、中谷昇氏は、次のように述べています。「官民における情報や専門性の共有はサイバー犯罪対策に非常に重要です。これは一つの国や会社が単独で実現できることではありません。シスコと連携することにより、インターポールと世界の加盟国192カ国の警察組織が重要なサイバー脅威の情報にアクセスすることが可能となり、攻撃の特定や脅威からの阻止を実現します」

シスコ、シニアバイスプレジデント兼最高セキュリティー・トラスト責任者、ジョン・N・スチュアート(John Stewart)は、次のように述べています。「サイバー犯罪は世界で拡大し続けており、公共と民間セクターが力を合わせてこの脅威に立ち向かう必要があります。新たな脅威の特定、解析、予防には、サイバー領域全体の可視化と包括的な脅威インテリジェンスが不可欠です。インターポールと脅威インテリジェンスを共有し、連携して世界のサイバー犯罪と戦うための様々な知識を共有の可能性について模索していきたいと思います」

シスコ、東南アジアプレジデント、ナヴィーン・メノン(Naveen Menon)は、次のように述べています。「シンガポールで締結されたこの合意は、この国がアジア太平洋地域において、そして世界的に、サイバー犯罪対策とサイバーセキュリティー革新推進の拠点として、重要性を増してきていることを明示しています。地域によってテクノロジーの成熟度は様々です。この取り組みは、デジタルのリスクを軽減し、その脅威や攻撃を恐れることなく経済発展を可能とする統合された戦略の構築に向けた重要なステップとなります」

シスコのベストオブブリードのセキュリティー製品とそのアーキテクチャーのアプローチにより、顧客はネットワークからエンドポイント、クラウドまで、組織のセキュリティーをより効果的に確保することができます。シスコの完全なセキュリティー製品は連携して稼働し、脅威を一旦確認したら、それがどこで発生しても食い止め、セキュリティーのこれまでの方程式を覆します。また、Cisco Talos セキュリティ インテリジェンス リサーチグループのCollective Security Intelligenceにより日々197億件の脅威をブロックしています。

インターポールとの提携により、「純粋なサイバー犯罪」と従来の犯罪にインターネットを活用する「サイバー イネーブルド犯罪」の両方に照準を合わせたインターポールのプログラムをサポートし、加盟国によるサイバー攻撃やサイバー犯罪者の捜査を支援します。

インターポールについて

国際刑事警察機構(インターポール)は、世界最大の国際警察組織で192カ国が加盟しています。世界各国の警察が連携し、より安全な世界の実現に取り組みます。技術、運用を支えるハイテク基盤により、21世紀の犯罪対策の拡大する課題に対応します。

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)

**当資料は、2017年11月21日にシンガポールで発表されたニュースリリースの抄訳です。
URL: https://newsroom.cisco.com/press-release-content?type=webcontent&articleId=1896975

Also post on Post
0 Comments